看護師転職 無料

看護師転職サイトの3つの無料サポートとは?


看護師で転職を考える方は、看護師転職サイトに登録するのがいまや常識となっています。

 

その人気の理由は、登録料、使用料、求人の紹介手数料などがすべて無料であるからです。

 

しかも、自分で仕事を探すだけではなく、看護師さん専用の担当者がつき、転職について全面的にバックアップしてくれます。

 

ただ、登録するだけで転職のサポートまで無料で受けられるのに登録しない方がおかしいですよね。

 

ちなみになぜ、無料なのかというと病医院・施設・事業所側から手数料を受け取るしくみだからです。

 

●自分では見つけずらい求人を紹介してくれる!
自分では見つけづらい沿線別・科目別の看護師求人を、ご希望に合わせてご紹介してくれます。
NICUや透析、ホスピスなどの好条件・希少求人を多数ご用意しています。
科目別に看護師求人情報が整理されているので自分で検索することも可能です。

 

●わずらわしいことはすべて任せることができる!
「看護師さんは忙しい」ことを前提に、面談の日程調整や合否連絡、退職手続きの方法など、わずらわしい連絡業務、事務手続きなどを強力にサポートしてくれます。
また、一般には公開されていない求人も含め、幅広い求人をご紹介できますし、転職に関する不安や不明点にプロの視点でお答えします。
求人情報にはない、職場の雰囲気などの生の情報も可能な限り教えてくれます。

 

●在職中でも登録できます!
個人情報も厳守していますので、転職活動中であることが漏洩することもありません。
在職中であっても、いろいろな事情なために転職を考えているも安心してご利用ください。
また、円満な退職の方法もアドバイスしてくれます。

常勤+派遣のダブルワークをしています。単発派遣を月に2〜3回入れると、月に3〜4万給料アップになりますよ!(^^)!

私は給与アップのため、ダブルワークをしています(^ー゜)

 

普段は老健の常勤で働いています。
介護施設の仕事は、病院よりも仕事が楽ですね。

 

病院のように治療目的の患者さんに関わる業務は、医療行為も多く、残業も多いですね。

 

介護施設は、基本的に治療は行っていないため、毎日行われる仕事は毎日同じ内容です。

 

時々、体調を崩す方や急変があり、そんな時は残業になることもありますが、普段は残業もほとんどありません(*^^*)

 

夜勤もありますが、病院のように毎日急変やステルベンがあるわけでもなく、待機で座っている時間も多いんです。

 

夜勤明けや、明け休みもあり、病院よりも年間の休みが多く、連休も月に何回かあります。

 

その連休などを利用して、派遣の仕事で月に2?3回ダブルワークをしています(´・Д・)」

 

老健の仕事って、病院に比べるととても楽なんですが、給料も病院に比べて安いんですよね。

 

もう数万給料をアップさせたかったんですよね。

 

給与アップの転職も考えましたが、仕事も楽だし、人間関係もいいし、休みも多いし…辞めるのはもったいないと思ったんです。

 

単発派遣の仕事なら、月に一回からでもオッケーだし、自分の都合の良い時だけ働くことが可能なんですよ(*^^*)

 

派遣看護師の仕事は、時給がいいから月に2?3回の仕事でも、3?4万の収入アップになります。

 

派遣の仕事って、時給2000円前後の仕事が多くあるんですよね。

 

訪問入浴のは、時給2500円ももらえるから、半日の単発派遣でも、1万円になります。

 

だから、短時間で高収入が得られますね(*^^*)

 

給与アップの転職も一つの手ですが、こういった給与アップの方法もありますよd(^_^o)

夜勤専従パートって大変かな?

夜勤専門で働く、というのは、身体のリズムを考えると、ちょっとハードル高い仕事というか、身体がもたないんじゃないか、と思いますよね。

 

夜勤パートのメリットは、パートという立場の仕事の中で、まずは給料が高いことです。

 

お給料は病院によってやや差がありますが、都市圏だと1勤務3万以上が多く、実働14時間と考えると、かなり高額かと思います。

 

2交代制の病院だと17時入り、翌朝9時明けで、2時間仮眠休憩、という感じなので、日中の時間にゆとりがあります。

 

夜勤の看護師は、不測の事態に臨機応変に対応できるかどうか、正確な判断が出来るか、というところも大事な点ですよね。

 

フルタイムでは働けない、でも、収入は多いほうが良い、夜勤はそれほど苦ではなかった、と思われる方には、向いているかもしれませんね。

 

日勤と夜勤の繰り返しよりは、夜勤専門の方が身体が楽だという方もいます。

 

夜勤に入りやすい看護師は独身が多いかな、とも思われるかもしれませんが、もし、病院内に職員のための24時間保育園があれば、幼いお子さんを持つシングルマザーにとって働きやすいスタイルともいえますよ。

 

夕方から親と離れることに寂しさを感じる場合もあるかもしれませんが、寝ている間に自分が働き、日中は子どもと一緒に過ごせます。

 

また、病院によっては、14時間勤務ではなく、4〜6時間での夜勤パート募集もあるので、シフトの相談をうまくすることで、より働きやすい環境になると思いますよ。

 

病院と一言で言っても、総合病院から個人病院まで、科もいろいろありますから、いろいろと調べてみるといいですよね。

 

夜間に働くということは慣れるまで時間がかかるとは思うので、出来る範囲から始めてみるのも手かな、と思います。